いつもBRAINSのブログをご覧いただきありがとうございます♪


今年も1ヶ月とちょっと。

早い〜!早すぎます!!

年々、一年があっという間に過ぎてしまいます。



お子さんの成長も目まぐるしいですよね。

小さい時期も一瞬で
気がつけばもう大人?って
時の短さを感じることでしょう。




今日は、子供の成長に合わせて調節できるハイチェア

トリップトラップのご紹介です。



【トリップトラップの椅子とは】

産まれたばかりのベビーから大人になっても
「ちょうどいいサイズ」で使える画期的な椅子です。








シンプルながらも洗練され
長年使っていても飽きがこない北欧デザイン
しかも安定感も抜群です!







人間工学を基にデザインされており、成長に合わせて調整できるので
子供から大人まで、常に正しい姿勢をサポートします。




「座るところの板」と「足をのせる板」のどちらも
「奥行き」と「高さ」が成長に合わせて調整できるので
子供から大人まで使えるのです。

(なんと136キロまで耐えれる設計!)





カラーは15種類と豊富なので
お部屋のインテリアに合わせて選べますね







まだ1人座りのできないベビーのためのニューボーンセットは
トリップトラップに取り付けて使用するシートです。





赤ちゃんと共にテーブルを囲んで食事が楽しめ
赤ちゃんは家族のそばでさまざまなことを学ぶ事ができます。






そして少し大きくなったお子さまは
別売りの『ベビーセット』をつける事で
1人座りができるようになる頃からご使用可能となっています。





トリップトラップは食べこぼしや水滴も
濡れた布巾やウェットティッシュなどでさっと簡単に拭き取れるんです!


簡単にお手入れができるのは
忙しいママにとって有難いですよね♪




幼少期から使い続けるものには愛着もわきます。

物を大切にする心も育まれるでしょう。



今なら、ニューボーンセットをお買い上げの方に

「オリジナルエコーアルバム」をプレゼントいたします。



まもなく12月17日までの受付ですが
在庫がなくなり次第終了のキャンペーンです。


ご購入を検討されている方はこの機会にぜひ♪


こんにちは。


皆様3連休いかがお過ごしでしょうか?


来月はいよいよ師走で忙しくなるので、今年最後の行楽シーズンを楽しんでいらっしゃる方も多いかもしれませんね。















ところでご自宅ではルームシューズをお使いになりますか?


玄関では履いていたのに気づいたらどっかで脱いでいた、ってことよくありますね。


夏場は特になりがちなのですが、寒くなってくると逆にルームシューズが手放せなくなったりしませんか?


冬場に足元の冷えは大敵!ですので、ぜひ履く習慣のない方も生活に取り入れてみてはいかがでしょう。


まずは新作のご紹介です。


「BONO ファールームシューズ」


寒い冬の足元を暖かく保つ、保温性の高いルームシューズです。


ファーは通気性を高めてくれて、蒸れが発生しづらい素材を使用しているので、快適にご使用いただけますよ。


このレトロなデザインが逆に新鮮ですね!


まるで昔のおばあちゃんのコートのデザインみたいです。(かわいい)


今シーズンイチオシのルームシューズです。


「ウールフェルトサボ ルームシューズ」


こちらも新作です。


ハンドメイドで作られている、ウール100%のサボタイプのルームシューズです。


履きやすく、通気性もあるため蒸れにくい商品です。



ルームシューズと同じカラーのポンポンが付いたポーチが付いてきます。


旅行や持ち歩きの際にとても便利ですね。


2色×MLのサイズ展開です。


どんなルームウエアにもマッチする、とてもシンプルなバブーシュです。


バブーシュとは、モロッコで昔から履かれている、かかとをつぶして履く天然の革製の履物のこと。


履くほどに足に馴染んでいきますので、ご自身で育てていく感覚をお楽しみいただけます。


また、非常に丈夫で長持ちするのもバブーシュの特徴でもあります。


女子力高め、キラキラ派の方にはこちらがオススメです。


お子様の学校行事やお稽古事に履いていったら、周りの視線を集められそうですね!


時々新色が入ってきますが、比較的すぐに売れてしまう人気商品です。


バブーシュは足の馴染みが良いので、一度履いたらきっと病みつきになりますよ。


そして最後は「プレーンステッチ ルームシューズ」のご紹介です。


シンプルナチュラルカラーのルームシューズ。


クッション材はふっくらと適度なかたさでカカトを支えるため履き心地も良く、底面は下階への足音など配慮し軽く柔らかく仕上げています。


とにかく軽い!そして他にはないふわっとした履き心地が特徴です。














ルームシューズはご自宅使いだけでなくギフトにしても喜ばれる商品です。


また、お試しいただく事も可能ですので、お気軽にスタッフまでお声がけくださいませ。




皆さまこんにちは!


インテリアショップBRAINSです。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!



今朝は昨日と異なり一気に冷え込んでいましたね。
皆さま体調の方は崩されていないでしょうか?


なんだか今年は免疫力がアップした気がします。


油断は大敵ですので気をつけて過ごしていきます。



さて本日は


不動の人気シリーズ SOUP のご紹介をさせていただきます!






無垢の木で、素材、デザイン、サイズをカスタマイズでできるダイニングシリーズです!


スープのように好きな具材や味付けをし
自分好みのカスタマイズで理想を叶えてくれるセミオーダーのシリーズです!

特徴は角を削り丸みをだすことで
シンプルでありながら温かみのある印象を作り上げます。




脚の形やサイズはもちろんですが、
天板のエッジ も3パターンからお選びいただけます♪



上から
スクエア(テーブルを壁付けしたい方に)

ラウンド(小さなお子さんがいるご家庭や可愛らしい雰囲気に仕上げたい方に)

テーパー (ナチュラルだけどスッキリと見せたい方に)


1番人気はテーパーです!
店頭に展示しているタイプもテーパーで仕上げています。





テーブル、チェアとともに
オーク8色、ウォールナット2色からお選びいただけます。






ダイニングチェアは3タイプのデザインがございます。

その他に、アームの有無もお選びいただけますので
ご家族の一人一人の好みにすることも可能です♪


座面の張地に関しましては
木目をそのまま感じられる板座のタイプと、
ファブリック、合皮、本革からお選びいただけます!


板座の場合はチェアパットを敷いてアクセントを取り入れるのも素敵です♪



まだまだおうち時間が長いので
ゆったりと過ごす時間を楽しんでいきましょう♪


皆さまのご来店を心よりお待ちしております。


いつもBRAINSのブログをご覧いただきありがとうございます♪


近頃は春のような陽気で暖かい(暑いくらい?)気候が続いておりましたが
今朝はまた少し寒くて、着る服も困ってしまいました。


今週からは、秋らしい気温に落ち着くようですね。



季節が進み、寒くなってくると
自然と温かいものを求めてしまいませんか?



そんな温もりを感じたい季節にもマッチする
北欧風ソファのご紹介です。






LODGE(ロッジ)ソファ

オーク材のフレームと
布張りの組み合わせが優しい雰囲気のソファです。


北欧インテリアにもお似合いの
温かみのある優しいデザインで
お部屋の印象も和らいでくれます。



LODGEソファは背枠にもオーク材を使用しており

後ろ姿も美しいです!




フレームが見える後ろ姿は
お部屋の真ん中に置いて
お部屋の仕切りやアクセントとして置く配置もオススメです。


座面は、ウレタンとフェザーを使用しているので
程よい硬さと弾力があります。


ウッドフレームのソファは
寝転んでくつろぐスタイルよりも


アーム部分に手をかけて
読書したり、映画を観たりと
ご自身のくつろぎスタイルを見つけてください。







カバーリングタイプなので
汚れてしまったらクリーニングに出せますよ。


張り地はアクタス の31種類のファブリックコレクションからお選びいただけます。



また、ソファと同シリーズの
リビングテーブル、オットマンもご用意ございます。




オットマンを組み合わせることで
よりリラックスしてお使いいただけます。


BRAINSでは他にも素敵な家具はもちろん
これからの季節にオススメの品が入荷しております。


欲しい物がきっと見つかりますよ。



ご来店をお待ちしております♪


こんにちは。


小春日和が続いて気持ちがいいですね。


なんだか最近眠いのはそのせいかもしれません。














先日「バウハウス映画際」に行ってきました。


去年行けなかったのですが、今年再上映されたのできっと人気があったのかなと思っています。


バウハウスとは、第一次世界大戦後にドイツに設立されたデザイン学校のことです。


ACTUSにはバウハウスの精神性を今に受け継ぎ、優れた家具を現代の私たちに届けてくれる家具メーカー「TECTA」の商品がいくつかございます。


TECTA社の代表的な商品のひとつが、こちらのダイニングテーブル「M21」です。


とてもファンの多い商品で、インテリア雑誌や画像にも多く掲載されているのでご存知の方も多いかもしれません。


特徴的な天板のデザインは座った人の目線を少しだけずらすことができ、ひとつのテーブルでありながらパーソナルなスペースもある程度確保することができます。



特徴的なレッグの形状に、バウハウススピリッツを感じずにはいられません。
(すてき!)


そしてM21ダイニングテーブルと相性ぴったりなこちらのチェアも、同じくTECTA社のものです。


「B20」チェア


しっかりと編み込まれたプラスチックコードが何とも美しいです。


このチェアは腰かけると程よい「しなり」が生まれて、座り心地がとても良いですよ。



インテリアにしっかりと馴染むカラー展開。


プラスチックコードのみの交換ができますので、座面が痛んでも本体は長く使えるサステナビリティ商品です。



そして最後はサイドテーブル「K22」です。


特徴的なレッグのデザインのおかげで、ソファに座った時に手元のすぐ近くまで寄せても脚が当たることがありません。


昇降式で高さ調節ができるところも、非常に使い勝手が良いです。



天板のデザインはさることながら、小さなパーツにさえも考え抜かれたこだわりを感じます。


そんなTECTA社の魅力がいっぱい詰まった冊子が店頭にございます。


お渡しはできないのですが、ぜひTECTAのチェアに腰かけて読んでみてくださいね。












余談ですがその映画、有名な人物の名前を数名知っている程度のわたしにはちょっと内容がわかりにくいとこもあり、睡魔と戦う時間帯もありました。笑


ただ、映画祭という名の通り上映は数種類ありましたので、それぞれいろんな切り口の内容になっていて面白いかと思います。


もし再再上映したら興味のある方はぜひどうぞ!