こんにちは。
インテリアショップBRAINSです。

いよいよ今週末からお盆休みに入られる方が多いのでは?
今年は大変暑い日々ですが、皆様お出掛けの際はぜひ
BRAINSにもお越しくださいませ♪^^
当店は水曜日定休のみで、通常営業しております。

さて、本日は当店に展示してあるペンダントランプの中でも
なんだか最近個人的に気になってるものの1つである
「THE WORK SHOP LAMP」をご紹介致します☆



1951年デンマークのデザイナーA.Wedel Madsonによりデザインされ、
その後ルイスポールセン社で約40年もの間製造された名作ランプなんです。

当時は多くの職人達に明かりを提供するため、作業用に使う照明としてデザインされたもので、
そこがネーミングの由来になっています。



しかしそこから、ただの作業用に留まらず、その機能性と汎用性の高さから、
ルイスポールセン社の代表的存在、PHシリーズと並んで一般家庭でも愛されるようになりました。



機能性の特徴としては、深いシェードにより直接電球の光が目に入らず眩しさ抑え、
かつ、下方向をしっかり照らしてくれるため、お勉強や作業も快適に行うことができます♪

また、デザインも無駄がなくシンプルなため、
どんな雰囲気のお部屋にも合いそうです。



実はこれ、当時と同じくデンマーク国内の熟練した職人さんの手作業で
一つひとつ製造されているんです!

手作りと聞くと、より一層愛着が湧きそうですね。



一見シンプルな商品でも、いろいろな歴史や機能性があるところが
インテリアの面白いところだと、改めて感じました。

是非一度店頭にてご覧になっていただけると幸いです。



こんにちは。
インテリアショップBRAINSです。

今日はジメッとした天気からは一転、カラっとした良い天気ですね!

夏になると、洋室でクーラーの効いた快適なお部屋で寛ぐのも良いですが、
和室の畳の上で風鈴の音を聞きながら涼む…

田舎育ちなのもあり、そんな日本的な寛ぎ方も大好きです (^^)♪

そんな私のような和室や、ジャパニーズモダン的な空間がお好きな方に
ピッタリな商品をご紹介!


【 LE KLINT / 151L・151M 】



20世紀初め、デンマークの著名な建築家P.V.イエンセン・クリントが、
日本の折り紙に触発されて、紙を規則的に折り上げて作る、
手づくりのランプシェードを生み出しました。

折り紙モチーフ…
間違いなく和室にマッチします。



レ・クリントならではの暖かい光とやさしい影。
その秘密は、ハンドクラフトならではの美しいフォルムにあります。

LE KLINTのシェードは、かつて紙で折られていましたが、
現在では難燃処理を施されたプラスチックで折り上げられています。

一枚のプラスチックシートに折り型をつけ、
熟練の職人がひとつひとつ丹念に折り上げていく工程は、
長く厳しい冬を過ごす北欧の生活のなかで磨かれてきた技です。

温かみのある柔らかな灯りは、気分をリラックスさせ、
落ち着いた空間にしてくれるに違いありません(^^)


【 FK-1 】



お洒落な脚が印象的なリビングテーブル。

なだけでなく、、、コタツなんです! 
デザインだけでなく実用性も和室にマッチ!!

従来のゴツい脚・ヒーター部分が大きく、見えてしまい「ダサい」というデザインとは打って変わって
コタツとは思えぬお洒落さ。

ですので、和室はもちろん洋室に置いていただいても、
お洒落な空間を損なわず、和洋どちらでも楽しんでいただける商品です。

円形で、家族みんなで顔を合わせながら食事をしていただいたり
寛いでいただいたり… なんだか微笑ましい雰囲気が思い浮かびます。


スタイリッシュなインテリアを取り入れて
和室をお洒落で、より寛げる空間にしてみてはいかがでしょうか?

どちらも店頭に展示がございますので、
是非お越しくださいませ。