こんにちは。


小春日和が続いて気持ちがいいですね。


なんだか最近眠いのはそのせいかもしれません。














先日「バウハウス映画際」に行ってきました。


去年行けなかったのですが、今年再上映されたのできっと人気があったのかなと思っています。


バウハウスとは、第一次世界大戦後にドイツに設立されたデザイン学校のことです。


ACTUSにはバウハウスの精神性を今に受け継ぎ、優れた家具を現代の私たちに届けてくれる家具メーカー「TECTA」の商品がいくつかございます。


TECTA社の代表的な商品のひとつが、こちらのダイニングテーブル「M21」です。


とてもファンの多い商品で、インテリア雑誌や画像にも多く掲載されているのでご存知の方も多いかもしれません。


特徴的な天板のデザインは座った人の目線を少しだけずらすことができ、ひとつのテーブルでありながらパーソナルなスペースもある程度確保することができます。



特徴的なレッグの形状に、バウハウススピリッツを感じずにはいられません。
(すてき!)


そしてM21ダイニングテーブルと相性ぴったりなこちらのチェアも、同じくTECTA社のものです。


「B20」チェア


しっかりと編み込まれたプラスチックコードが何とも美しいです。


このチェアは腰かけると程よい「しなり」が生まれて、座り心地がとても良いですよ。



インテリアにしっかりと馴染むカラー展開。


プラスチックコードのみの交換ができますので、座面が痛んでも本体は長く使えるサステナビリティ商品です。



そして最後はサイドテーブル「K22」です。


特徴的なレッグのデザインのおかげで、ソファに座った時に手元のすぐ近くまで寄せても脚が当たることがありません。


昇降式で高さ調節ができるところも、非常に使い勝手が良いです。



天板のデザインはさることながら、小さなパーツにさえも考え抜かれたこだわりを感じます。


そんなTECTA社の魅力がいっぱい詰まった冊子が店頭にございます。


お渡しはできないのですが、ぜひTECTAのチェアに腰かけて読んでみてくださいね。












余談ですがその映画、有名な人物の名前を数名知っている程度のわたしにはちょっと内容がわかりにくいとこもあり、睡魔と戦う時間帯もありました。笑


ただ、映画祭という名の通り上映は数種類ありましたので、それぞれいろんな切り口の内容になっていて面白いかと思います。


もし再再上映したら興味のある方はぜひどうぞ!


こんにちは。


すっかり秋めいてきて、街ゆく人々のお洋服も厚着になっているように感じます。


ついつい薄着で出かけてしまって、肌寒さにビックリする日々です。


どうぞ皆さま風邪などひかれませんように。













さて、本日はキッズデスク「THEO」をご紹介いたします。


「THEO テオ」


デンマークのデザインユニットとアクタスとのコラボレーションで生まれたデスクシリーズです。


北欧らしい大人かわいいデザインのデスクです。



このTHEOデスクには至る所にこだわりがいっぱい詰まっています。


卓上にはデザインされたペントレーやブックスタンドがセットされています。


また、前面に溝がありますので、本やipadなどを立てかけることができます。


多くの方が気にされる「ランドセル置き場問題」もしっかりクリアしております。


サイドのフックや、サイドワゴンがちょうどよいです。


サイドワゴンは2種類ありどちらも引き出し式ではないのですが、BOXを置いたりして上手に収納することも可能です。


また、通常のチェストに比べてお子様が巣立った後の使い道も幅広くなりますので、とてもオススメの商品なんです。


引き出しは少し奥にありますので、一見気づかない方が多いですが2つついています。


やはりデスクには浅めの引き出しがある方が、使い勝手が良いと思います。


オフィスのデスクなどにも大抵ついていますもんね。



キッズデスクには高さ調整のできるチェアを合わせることはマストですが、THEOチェアももちろんクリアしております。


またこのチェアの最大の特徴は、重心を前に傾けるだけでチェア本体が前傾するところです。


もちろん前傾にしたくない場合は、ストッパーを取り付けて水平のままお使いいただくことも可能です。


木の優しさがダイレクトに伝わってくるデザインに加えて、機能性も非常に優れているチェアです。














THEOデスクはこんなご家族にオススメです。


・デスク選びにずっと迷っているうちに、こどもが大きくなってしまった。
・こどもが小学校の高学年以上である。
・親子ともに比較的片付けが上手い。


その理由は、前面に大きなシェルフがないことと、チェストではなくワゴンであることに起因すると思いますが、


シェルフに関してはデスクの横に置けるブックシェルフのご用意もありますし、ワゴンは別シリーズのもので対応することでクリアできると思います。


実際THEOデスクを購入されるほとんど方が、入学前や低学年のお子様向けばかりですよ。






かわいいデスクのおかげで、お子様が勉強好きになってくれるかもしれませんね!


こんにちは。


今日は10月31日、ハロウィンですね。


今年は自粛ムードなので、ご家族やご友人とホームパーティという方も多いかもしれませんが、


そんなことより!今年もあと2か月で終わってしまうということにわたくし驚愕しております!!


(そんなことって言っちゃいけないですね)


あっという間に大晦日ですよー


今年やり残したことはないか


あと2か月どう過ごすべきか


いろいろ考えますね。


















さて、そんなあっという間にやってくる年末年始をご自宅で楽しく過ごすことができるアイテムといえば


そう!コタツです。


(少々強引ですが)


BRAINSでもコタツのお取り扱いがあることをご存知ですか?


FK―1リビングテーブル


毎年秋になると登場するコタツ兼リビングテーブルです。



通常思い浮かべるコタツは、寒くなってきたら押し入れから引っ張り出して


春の訪れと共にまた解体してしまうものだと思うのですが、


このFK―1リビングテーブルは、その名の通り通常はリビングテーブルとして使用し、


冬の時季だけコタツに変身するものです。


ですのでレッグ部分のデザインにもとても優れています。














「別にコタツの布団だけしまって、一年中使えばいいんじゃないの?」


という意見もあるかもしれませんが、通常のリビングテーブルにはないあのやっかいなヒーター部分の出っ張りや


(あそこに足をガリっとやってしまったり)


妙にカラフルでねじねじした電源コードが見えてしまったりして、とても1年中使う気にはなれないと思います。


その点、このFK―1リビングテーブルは


このようにヒーター部分がフラットになっており、コタツであることに気付かないくらい快適にお使い頂けます。


また、心配なコードも天板の下に収納できますので、見えることもなくすこともなくとても便利です。


いろいろ考えてみると、そもそもコタツが冬だけのアイテムというのがもったいない気もしてきますね。


















カバーリングは


セイジグリーンとチャコールグレーと


北欧SPIRAの波のような柄と無地の配色が素敵な、デザイン性に優れたもの


(画像以外に別カラーあり。計2カラー展開)


がございます。


また、さらに保温性を高めるためのスローのご用意もございます。


コタツ本体は100cm110cm120cm


オーク材のご用意もございます。


















現在、FK―1リビングテーブル(120cmウォールナット材)+コタツ布団+布団カバーをセットでお求めの方に、


特別価格にてお求めいただけるキャンペーンを開催中です。


11月30日までの期間限定となります。


また、テーブル単品やサイズや木材違いでの購入をご希望の方は、イエカツサポートキャンペーンを使ってお得にお求めいただくこともできます。


このイエカツサポートキャンペーンは11月3日に終了してしまいますので、ぜひこの機会にご検討くださいませ。


















最後に、FK―1って名前の由来は


「冬は(F)コタツが(K)1番(1)」です。


(ウソじゃないです。)


今年の冬はFK―1のコタツで、ご家族でぬくぬく団欒のひとときをお過ごしいただけたら幸いです。


皆さまこんにちは。


十五夜のお月さま、ご覧になりましたか?


まさに「中秋の名月」にふさわしく、本当に美しかったですね。


昔の人は月あかりでお勉強や読書をしたと言いますが、秋の夜長になんとも風流ですね。
















秋と言えば「読書の秋」があげられますが、皆さまはどこで読書をされますか?


わたしはipadや雑誌はソファでごろごろ見ますが、がっつり小説などを読みたい時はダイニングチェアを使うことが多いです。


CH24 CHAIR


言わずと知れたウェグナーの名作チェアです。


ペーパーコードと広めの座面により座り心地が良く、アームが腕をしっかりホールドしてくれるため、長時間の読書にも最適です。


Yチェアという名前の由来ともいわれる後ろ姿も素敵で、オブジェとしての存在感もしっかりあります。


Yチェアに座って読書だなんて、とても優雅なひとときですね。


TECTA
B20 CHAIR


カンチレバーと呼ばれる独特なレッグの形状が、程よくしなりのある座り心地を生み出しています。


プラスチックコードのカラーも豊富で、痛んだら取り換えることができるので、SDGsの視点からもオススメの商品です。


(Yチェアもペーパーコードを張り替えることができますので、そちらも同じですね。)


ANGLEPOISE
ORIGINAL 1227


アームを動かして、読書の際も手元が暗くならないようベストな場所を照らすことができます。


使っていくうちにどんどん愛着が湧きそうなデザインです。


そして忘れちゃいけない読書のお供。


コーヒーグッズやマグカップもいろいろあります。


おやつと一緒にトレーに載せると持ち運びも便利です。


読書ではなく気が付いたらおやつTIMEになっているかもしれませんね!


こんにちは。


日増しに日が短くなってきましたね。


とんぼの数もずいぶん増えました。


秋というとなんとなく夕焼けの光景がしっくりきます。


あっという間に真っ暗になってしまう日本では、夕方の薄暗い時間を上手に楽しむ方は少ないかもしれませんが、


北欧のように、少しずつキャンドルやあかりを灯していく生活に憧れます。













「あかり」


癒されますよね。


そんなあかりをもっと楽しんで頂きたいと思い、本日は照明のご紹介をさせていただきます。


LE KLINT レ・クリント


デンマーク近代家具の祖と呼ばれるコーア・クリントの父で建築家の”PVイエンセン・クリント”が趣味の延長として生み出したランプシェード。


紙を規則的に折り上げてつくる美しいシェードは、次第にそのデザインに人気が広まり、


1843年に「LE KLINT社」が創立されました。


60周年の2003年には、デンマークの王室御用達にも選定されるほか、多くの賞を受賞している老舗ブランドです。



もともとは日本の折り紙にヒントを得た紙製での商品でしたが、現代では特殊なプラスチックペーパーで製作されています。


1点1点職人さんがまるで折り紙を折るように手作業で製作しています。


以前作業工程をインターネットで見たことがあるのですが、まさに職人さんの手仕事という感じでした。


幾何学的なデザインであるにもかかわらず優美さを損なわないのは、手作りならではの温かさが商品にもあらわれているからなのだと感じます。


実はこちらの商品のみ、紙でできています。


創業当時の商品により近くて、なんだかレアですよね。


ブルーカラーもとても珍しいです。


パイナップルのような形状のこちらの商品は、ACTUS限定の復刻になります。


パイナップルをひっくり返して、ペンダントライトとしてもお使いいただけます。


また、テーブルランプとしてお使いいただいた際は、他の照明と違って転倒しても危なくないので、


小さなお子様がいらっしゃるご家庭にもオススメです。


また、ベッドサイドに置いた時も寝ぼけて手をバーン!とぶつけて倒してしまっても、心配なさそうです。


そしてなにより、このカタチ!本当にかわいいです。


画像の商品より一回り大きいサイズもあります。


折り紙を思わせる形状と、そこから醸し出す柔らかなあかりが、日本の住環境にもしっくりくるのだなあと改めて感じました。


光源は隠れていないデザインが多いですが、それを感じさせない優しいあかりです。


秋の夜長にぴったり。そんな照明です。